スキーで起こるけが

スキーは板を足に固定させて雪で埋もれた斜面を滑っていくスポーツです。
ボールを転がすとスピードが増していくように斜面は下っていくことによってスピードが出る場所です。
しかしこれは逆にスピードが速くなりすぎることによって急に止まることができず、そのスピードの衝撃がそのまま自分に出てくるという危険性もあります。
特に雪は滑りやすい場所であるため尚その危険が高いです。

このようなこともあってスキーはけがをしやすいスポーツともいえます。
目の前に人間か障害物が出てきて避けられずに衝突、逆に避けようとして無理に動いてバランスを崩し横転、スキーがしっかりと足に固定されておらず何かしらの拍子に外れてそのまま勢いついてしまい衝突、と状況によって様々です。
特にスキーは下半身でバランスを取って滑るものであるため腰を始め、膝や関節といった下半身部分に怪我がしやすいです。

残念なことに自然と状況によって左右されるためけがをすることを完全に防ぐことはできません。
しかし自分のミスで起こることもあるため対策によって危険を最小限に抑えることもできます。
スキーでけがを抑えるためにはどのような対策をすればよいのでしょうか。
しかしけがを用心することも大事ですが競技としての練習でない限りスキーは楽しむためにやるものです。

油断はしない必要はありますが危険ばかりを意識すると折角のスキーも楽しめなくなってしまいます。
対策は楽しむために取るという意識を忘れてはいけません。



※関連情報
格安スキー・スノボーツアーでウィンタースポーツを楽しみましょう ⇒ スノボーツアー

Copyright © 2014 スキーでけがなく楽しむためには? All Rights Reserved.